生後五ヶ月の赤ちゃん

毎日同じことを淡々と繰り返しています。

おむつを替えて着替えさせる。

抱っこしておっぱいをあげる。

起きているときは喋りかけ、ぐずってるときは抱っこしてゆらゆら。

疲れるけど、たまらなく可愛い。

寝ているときの天使の顔と、笑っているときの無邪気な笑顔。おっぱいを飲んでいるときの必死な顔。

心の底から愛情が込み上げてきます。

この子が産まれてから早いものでもう五ヶ月。

とうとう離乳食が始まりました。

初めは少ししか食べないので、少量の重湯とすりおろした野菜を与えています。

最近は便利なものが増えていて、白身魚やかぼちゃなどのフレークタイプがあります。

お湯で溶いて完成。

たくさん食べて大きくなってほしいな。

今後は母乳とミルクを混合であげていって卒乳させたいので、そろそろミルクも始めます。

ミルクを作るのにいちいちお湯を沸かすのが面倒なのでウォーターサーバー頼もうかなと検討中です。

ピュアな軟水で赤ちゃんにも安心して使えるウォーターサーバーがあるらしいです。

水もお湯もすぐに出るから超楽ですね。

私もノンカフェインのコーヒーとか紅茶がすぐに飲めるのが最高です。おすすめ!

赤ちゃんとのはじめてのお散歩

我が息子も、生後一か月半を過ぎました。外はまだ八月。育児書には一か月を過ぎたら、こまめに外気浴をさせましょうと書いてあるけれど、外は暑いし、産後で寝不足の身体はだるいし、私はまだ、産後外にでたことがありませんでした。でも、少しずつイライラした気持ちはつもり、外にでたいという欲求が募ってきたので、八月のある日、ついに外にでてみようと決めました。でも、まだベビーカーも抱っこひもも持っていなかった私は、赤ちゃんをバスタオルにつつみ、まだ暑くない朝八時、久しぶりに靴をはき、玄関を出ていきます。はじめて赤ちゃんをお日様の光にあてたその肌の美しかったこと!赤ちゃんの身体の中にお日様のエネルギーが吸収されていくようで感動しました。五分ほど、あかちゃを抱いて近所を散歩すると、赤ちゃんは気持ちよさそうに眠ってしまいました。いつも寝かし付けにすごく時間がかかるのに、こんなにはやく眠ってしまうなんてびっくりしました。家に帰って赤ちゃんをベッドにねかすと、赤ちゃんはぐっすり眠ってくれました。私は、久しぶりに、ゆっくりと一人でアイスを食べ、凝り固まった身体をほぐすためにストレッチをしました。もっと赤ちゃんとアクティブな毎日を過ごそうと、前向きになれた朝でした。

わが子はどんな風に育つのだろう

わが子は産まれたばかりの男の子です。お風呂に入れてあげるとずっとこっちを見ています。よく寝てよく泣きます。もうすぐしたらハイハイするのだろう、おむつつけてハイハイするのはかわいいでしょう。そして初めて歩いたりしゃべったりなんてのも楽しみです。そして外で遊ばせたいな。サッカーをさせてあげた。できれば私がサッカーをしているので子供にもサッカーをしてほしいな。他のスポーツがしたいというならそれは仕方ないけど、そしていつか私よりうまくなる日がくるなんてのも楽しみ。たぶん中学生くらいかな。別にプロにならなくていい。たぶんうちの環境じゃ無理だから。でもサッカーしてたら今後の人生は充実しやすいと思います。友人もできるし女の子にもモテやすいし。勉強もほどほどにさせたいな。男の子だから将来は立派に働くことが求められるだろうから勉強できておいた方が評価されやすいからね。でも君が健康で幸せに生きるってのが一番です。明るい性格にしてあげ、友人に恵まれ、恋愛も経験し。そんなハッピーな人生を送ってほしい。そしていつか社会人になって仕事の話なんかできたらいいな。

妊娠中にお茶が恋しかったこと

妊娠中はお茶類を飲むことを我慢していました。

もともとお茶を日常的に飲んでいた私、特に冬の紅茶が大好きなのです。

でも無事に出産したかったし、赤ちゃんのためにもカフェインを接種しないように心がけていました。

カフェインは紅茶、緑茶、ジャスミン茶など、たくさんのお茶に含まれています。

お茶がダメだとはいえジュースばかり飲んでいると糖分の摂りすぎになってしまいます。

そのため、妊娠中はやや不満を感じながらよく水を飲んでいた記憶があります。

当時は知らなかったのですが、麦茶にはカフェインが入っていないそうです。

それを知らなかった私は麦茶も我慢して飲まずにいました。

夏場は喉が渇くので特に辛いですよね。

スポーツドリンクを飲むことも多かったと思います。

妊娠中にカフェインを摂りすぎると、産後に赤ちゃんが興奮状態になることが多くなると聞いたことがあります。

具体的なことは、「夜泣きが多くなる」とのことでした。

しかし、カフェインを摂らないようにお茶を我慢していたはずが、うちの子は夜泣きがひどかったです!

日にもよりますが、1歳になるまではだいたい1時間半~2時間おきに泣いていたほどです。

それでも赤ちゃんがかわいくてかわいくて、どうにかお世話を頑張ることが出来ました。

また妊娠する機会があったら、今度は麦茶で妊婦時代を乗り越えたいと思います。

息子の離乳食スタート!!

すくすく育って息子も生後6ヶ月になりました。

同じ6ヶ月のお友達は離乳食をもうとっくに始めていましたが…うちの息子は2300グラムと少し小さめで産まれてきたのと、成長過程ものんびりで5ヶ月でやっと寝返りが出来るようになったので、そろそろ離乳食でも始めてみようかと思いつき、早速準備する事にしました。小さじスプーン1杯の10倍粥からスタートですが、哺乳瓶も好き嫌いがあり、母乳も飲みがあまり良くないうちの息子なので、離乳食もなかなか受け付けてくれないような気持ちでした。

食べさせてみると、最初はなにこれ?とでも言いたいような顔をして考えて食べていましたが、スプーン2回目を口に運んでみると案外気に入ったのか、すぐに口に入れさせてくれました。初日なので離乳食はすぐに終わってしまいましたが、まだ食べたかったのか泣き出してしまいました。初日にしてはスムーズに口に運ぶ事が出来たと思うので、これから離乳食少しずつですが息子と頑張って離乳食を進めていきたいと思いました。離乳食どんどん食べて、ぐんぐん大きく成長して欲しいと思います。

親って本当に行動に責任もたなければ!

二人目の子ども産んだ後、里帰りをしていました。1カ月経ったし、お宮参りの時に実家から出て、その後自宅に帰ろうかと思っていました。すると、主人のお母さんからお宮参りは絶対に赤ちゃんの自宅から出て行かないとダメと電話がかかってきました。ここで言い返しても気まずくなるだけだと思ったので、分かりましたと返事をし、お宮参りの数日前に自宅に帰っておく事にしました。両親に車で送ってもらい、荷物もそこそこあったので、ベビーカーに赤ちゃんを乗せ、荷物をベビーカーに引っ掛けました。マンションのエントランスの方へ歩いていると、上の子が僕がベビーカー押したいとベビーカーにてをかけると、重たい荷物を引っ掛けていた上、体重もかかったので、ベビーカーの手をかける所が地面についてしまい、赤ちゃんは一回転して落ちてしまいました。赤ちゃんを見ると、ちょうどベビーカーの手をかける所に首が入ったので、地面に強打する事はなかったのですが、大声で泣き出しました。血の気が本当に引きました。とっさに上の子を怒ってしまいました。私がベビーカーのベルトをつけずにそのまま乗せていたのが原因なのに。ごめんね。病院に電話をしたら、大声で泣いて、ミルクをちゃんと飲めていれば、大丈夫と言われ、次の日病院に連れて行き見てもらいました。それからも変わった様子もなく事なきを得ました。お宮参りも自宅から出掛け、主人のお母さんも赤ちゃんを抱っこしながら嬉しそうな顔をしていました。本当に元気にみんなでお宮参りに行けた事に感謝しました。これからは少しの距離でもベビーカーのベルトはきちんとつけようと思いました。